DS218play

DS218playでメディアサーバーを使えるように設定する

どうも。本間です。

前回取り上げたDS218playの設定を行います。

関連記事
初めてのNASにSynology DS218playを購入!

続きを見る

 

DS218playではメディアサーバーというものがインストールできます。

このメディアサーバーが優秀で、さまざまな端末からDS218play上にある動画をストリーミング再生をすることができるようになります

動画だけでなく写真や音楽も見たり聞いたりできるようになります。

いいですねぇ〜。

 

そのためにはまずDS218play自体を設定しないことには始まりません。

そのあとに動画のストリーミングも行えるよう「メディアサーバー」をインストールします。

 

DSMインストール

電源が入っても設定しないことには使えません!

ds218playを起動したあとパソコンのブラウザからアクセスします。

find.synology.comと入力すると勝手にNASのIP取得してくれるみたいです。

便利な世の中になったもんじゃのう。

DSM 設定画面

 

DSMのインストールです。

DSMはSynologyが開発した独自のOSみたいなやつでブラウザ上から設定などを行えるものです。

今すぐインストールで問題ないと思いますが、最新のDSMを入れといたほうがいいでしょう。

手動インストールを選択します。

インストール方法の選択

 

手動インストールでは自分でダウンロードしてきたDSMファイルを選択できます。

私は「最新のDSMをインストール」選んだ気がします。

すみません、結構前にインストールしたのでどっちにしたか忘れてしまいました・・・。

DSMのインストールファイルの選択

手動インストールの場合は「Synologyのダウンロードセンターからダウンロードしてください」のリンクからダウンロードできます。

 

「HDD内のファイル消えますよ!」とのこと。買ったばっかりのハードディスクなので問題なし!OK押す。

インストール時の注意

 

DSMのインストールが開始。数分待ちます。

DSMインストール中

 

インストールが終わったら自動で再起動されます。

DSMインストール後再起動

 

アカウント情報の設定です。

サーバ名と管理者ユーザ名・パスワードを決めます。

自分でサーバの名前を決めれるので好きな名前に。

位置共有のチェックボックスは私は外しました。

管理者アカウント作成

 

ありがとうございます!

DSMインストール完了

 

QuickConnectはスキップ。今はいらないっす。

QuickConnectの設定

 

推奨パッケージも今はスキップ。メディアサーバーだけあとで入れますけどね。

Synology推奨パッケージのインストール

 

 

ひとまずインストール終わり!

これでひとまず使えるようになりました。

匿名の統計情報は送りません!スミマセン!チェック外しときました。

設定完了!

 

 

DSMインストールがひとまず終わったのでブラウザからログインできるようになります。

ログインしたらこんな感じです。普通のパソコンみたいですね。

DSMログイン後の画面

 

 

RAIDの設定

ビデオカメラなどで撮った動画や画像は絶対に消えてほしくないのでRAIDを組むため設定します。

2つのハードディスクに同じ内容が書き込まれるRAID1ってのを設定するのですが、今回の設定ではハードディスクが1つの状態で行ったのでRAIDのBasicで設定しています。

左上のメニュー(四角が四つのマークのボタン)を選ぶと色々出てきます。

ストレージマネージャを選択します。

DSMのメニューを開く

 

 

デフォルトはRAIDタイプがSynology独自規格のSHRになっているため普通のRAIDに変更します。

本間
普通のほうがいいよね

一旦削除するので上の方の削除ボタン押します。

※今回はハードディスクが1つの状態で行ったのでRAIDのBasicで設定しています。

ストレージマネージャを開いて一旦ボリュームを削除

 

 

ハードディスクも空っぽなので気にせず削除!

ボリューム削除!

 

 

削除されました。

削除後ボリュームなくなる

 

 

続いてストレージマネージャのボリュームから上のほうの「作成」ボタンを選択します。

普通のRAIDを使いたいので下のラジオボタンからカスタマイズを選択。

モードを選択

 

 

「RAIDの単一ボリューム」を選択します。

RAIDの単一ボリュームを選択

 

 

対象のハードディスクを選びます。

複数ハードディスクを繋いでいる場合は複数選択します。

※今回の場合はハードディスクが1つの状態で行っています。

ボリュームを作成するディスクを選択

 

 

元からデータは入っていないのでOKです!

ボリューム作成確認

 

 

ここではBasicを選びます。

ポイント

今回はハードディスクが1つの状態で行ったのでRAIDのBasicで設定しています。

2つハードディスクを挿していればRAID1などが選べるようになります。

実際は2つ目のハードディスクを挿した後にRAID1で設定をし直しています。

RAIDタイプの選択

 

 

買ったばかりのハードディスクなので、念のためディスクチェックを行っときます。

ディスクチェックを実行

 

 

好きな説明を入れることができます。自分でわかるものにしましょう。

ボリューム説明の入力

 

 

設定確認です。「適用」で反映されます。

ボリューム作成確認

 

 

IPの設定

ファイルサーバとして使いたいのでIPを固定で設定します

コントロールパネルを開いてネットワークを選びます。

コントロールパネルを開いてネットワークを選ぶ

 

 

「ネットワークインターフェース」から「LAN」を選択して「編集」を押します。

LANの設定を選択

 

 

「手動で設定する」を選んでIPアドレスを入力します。

IPの値はLANの状況で変わりますのでルータの設定などを一度確認しておきましょう。

IPを設定

 

 

メディアサーバをインストール

メディアサーバをインストールします。

パッケージセンター⇒マルチメディアを開いて「メディアサーバー」のインストールボタンを押すだけです。

メディアサーバーをインストール

 

左上のメニューボタンを開くとメディアサーバーが入ってます!

メディアサーバーインストール後の確認

 

File Stationを開いてみます。

music、photo、videoのフォルダが作成されています。

これらのフォルダにファイルを置くことで別端末からストリーミング再生することができます。

※shared、worksは私が勝手に追加したフォルダです(*´ω`*)

File Stationを開いて確認

 

なんにせよ

これでファイルサーバの準備が整いました。

画像は多かったですが設定自体は難しいものではなく簡単です。

LANにつないでいれば別端末からファイルを見ることができるようになります。

RAID1でファイルを保存することでデータが消え去るリスクも減らせますし一石二鳥ですね。

 

created by Rinker
Synology
¥28,900 (2020/08/06 04:26:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

関連記事
DS218playに繋がらないときはネットワークのリセットで解決

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
本間 具郎

本間 具郎

1977年生まれ。大阪在住。フリープログラマ。1人の妻、2人の娘と同居。 2018年に独立。 仕事の時間を半分にしたいなぁ。 プロフィールへ

-DS218play

© 2020 40歳でフリー転身