WING(AFFINGER5)

WING(AFFINGER5)で記事上(アイキャッチ下)にアドセンスの広告を挿入する

どうも〜本間です。

WING(AFFINGER5)で記事下にグーグルアドセンスの広告を挿入する

で広告テコ入れが3つ完了しましたが効果ありました!

広告テコ入れ後、初のアドセンスクリック収益がありました!

クリックしてくれた方、ありがとうございます!(´;ω;`)

 

テコ入れって大事・・・。

 

そんなわけでテコ入れ第4弾です!

一旦これで打ち止めかな。

 

今回は記事上、つまりはアイキャッチ画像の下になります。

そしてここに入れる広告はリンク広告と言うやつにします。

 

リンク広告とは

リンク広告とはこんなやつです。

リンク広告はこんなやつ

最近よく見かけるようになりました。

 

通常のアドセンス広告はクリックすればそれでカウントされていましたが、このリンク広告はワンクッション置きます

広告ではなくボタンが表示されて選んだボタンによって広告が表示される画面に一旦飛びます。

ここで広告がクリックされて初めてカウントです。

 

まわりくどいような印象がありますが、これがなかなかクリックされるようで、クリック単価も高めになるとかならないとか(どっちやねん)

ワンクッションを置くことで誤クリックを防げるというのも高単価の一因かもしれないですね。

 

これをアイキャッチ下に貼っていきますよ。

 

広告を作成する

まずはいつものようにアドセンス管理画面から広告を作ります。

コンテンツ→広告ユニットで広告一覧を表示します。

ここで「新しい広告ユニット」ボタンを押します。

広告ユニット一覧を表示

 

広告の種類選択画面になるので一番左「テキスト広告とディスプレイ広告」を選びます。

広告の種類選択画面

 

「広告サイズ」でリンク広告を選んでサイズはレスポンシブリンクにします。

名前は自分がわかる名前にして「保存してコードを取得」ボタンを押します。

広告ユニット作成画面

 

広告作成完了画面が出てコードが表示されますが「閉じる」を押して一旦一覧画面に移動します。

広告ユニット作成完了画面

 

作成されました!(画像では2つめ)

広告作成後の広告一覧画面

 

いつものように簡単ですね!

 

WING(AFFINGER5)で広告設定

先ほど作った広告を設定してみましょう。

広告一覧画面で作成した広告の「コードを取得」リンクをクリックします。

 

広告作成完了と同じような画面が出るので広告コードをコピーします

広告コードをコピー

 

続いてAFFINGER5の設定をします。

一旦ワードプレスの管理画面にログインして「外観」→「ウィジェット」へ移動します。

ここで「カスタムHTML」を「投稿記事の上に一括表示」にドラッグします

ワードプレス管理画面のウィジェットで広告を設定

 

ドラッグするとコードを入れるフォームが表示されるので、アドセンス管理画面でコピーしたリンク広告の広告コードをここに貼り付けます。

保存して完了!簡単です(*´ω`*)

WING(AFFINGER5)おススメよ。

 

確認してみると・・・。

アイキャッチ下に表示されました!

(広告が緑色なのはGoogle Publisher Toolbarの影響です)

 

なんにせよ

広告のテコ入れはとっても大事。

今回はリンク広告をアイキャッチ下に配置しました。

ブログの内容によって適切な広告位置が違うようなので、記事を追加しつつ様子を見てみます。

 

ひとまず広告をいろいろ触るのはここまでにします。

なぜなら・・・

記事を追加していくことが一番大事だから!

 

・・・ガンバリマース(´д`;)

 

 

関連記事
ワードプレスでAndroid版Chromeのアドレスバーの色を変える

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
本間 具郎

本間 具郎

1977年生まれ。大阪在住。フリープログラマ。1人の妻、2人の娘と同居。 2018年に独立。 仕事の時間を半分にしたいなぁ。 プロフィールへ

-WING(AFFINGER5)

Copyright© 40歳でフリー転身 , 2020 All Rights Reserved.