個人事業

独立して1ヶ月過ぎてから国民年金への切り替えを申請したらいけた

2018年9月6日

どうも〜。独立済みの本間です。

独立したので社会保険の任意継続手続きをしてみた

のとおり、フリー転身して健康保険は任意継続でいけたんですが、国民年金を放置していました(´д`;)

こりゃいかん!ということで独立して1ヶ月以上過ぎてから国民年金への切り替えに行きましたが、あっさり切り替えができました

 

独立したら厚生年金から国民年金へ切り替える

会社員でいる間は厚生年金に加入していますよね。

年金保険料を会社が半分負担してくれるというやつです。

ふだんは無意識に給与から引かれていましたが、この厚生年金は会社員をやめたら終了です。

独立したら国民年金に切り替えないといけません。

 

いろんなサイトを見ていたら会社をやめてから14日以内に切り替えの申請を行わないといけないとありました。

私の場合は1ヶ月以上開いていたので「大丈夫かな(´д`;)」と少し不安になっていましたがなんてことはありませんでした。

あっさり切り替えできました。

 

市役所の人なんか

「最悪2年までさかのぼって支払いできるので切り替え申請が遅れても大丈夫ですよ〜」

とおっしゃる始末。

 

14日という期限はなんだったんだろうか・・・。

早めに切り替えといてね(テヘ)という意味なんやろか(´д`;)

 

切り替えに必要なもの

国民年金への切り替え申請は市役所など住んでるところの役所で行います。

私が切り替えする際に家から市役所に持っていったものは

  • 年金手帳(私と妻の2冊)
  • 会社を辞めたときにもらった離職票
  • 印鑑

こんだけです。

年金手帳がない場合はマイナンバーとか運転免許証とかでもいいみたいですね。

 

これらを持っていってあとはその場で申請書類を係の人に言われるがまま記入しただけでした。

後日振込用紙が届くとのことで申請は完了です。

会社員のときに扶養に入ってた妻の分も同時に国民年金へ切り替えときました。

 

なんにせよ

国民年金への切り替えは思ったより簡単でした。

自動で切り替わるようにしてくれよ!というのが本音ですがまぁ簡単なほうです。

とりあえず退職日から14日以内という期限は目安程度に考えといたらいいかもしれません。

 

そんな感じで国民年金に切り替えれましたが、国民年金は厚生年金に比べて給付される金額が少ないです。

老後を考えた場合は不利になるかもですが、これだけのために一生会社員てのも楽しくない!

どうせいつかは死ぬんだからよほど嫌じゃない範囲であれば色々やっていこうと思いました。

 

何はともあれとりあえずは

独立したからには稼がんと!

 

  • この記事を書いた人
本間 具郎

本間 具郎

1977年生まれ。大阪在住。フリープログラマ。1人の妻、2人の娘と同居。 2018年に独立。 ブログでまったり収益化できたらいいなぁ( ´ー`)。о○ プロフィールへ

-個人事業
-

Copyright© 40歳でフリー転身 , 2020 All Rights Reserved.